ホルモン剤によって起こり得る副作用とは

ujdjytdd副作用のない薬はありません。つまり副作用が出ないということは、効果もない薬ということです。とはいえ辛い状況は避けたいですね。ならばどんな症状が現れやすいのか、事前に知っておきましょう。早期発見につながれば重症化することもないからです。例えばホルモン剤によって起こり得る副作用とは何があるのでしょうか。

消化器系の副作用は食欲不振から

内服薬の副作用としてありがちなのは消化器系の症状です。食欲不振は多くみられます。またなんとなく食欲がない、逆に吐き気や嘔吐が起きることもあります。空腹時に薬を服用すると、直接胃を荒らすこともあるようです。
一方でホルモン剤を服用していると太る、そんな話もあります。これは薬の影響もありますが、体調が改善することにより食欲が増進されるからです。
過食症も問題ではありますが、食欲とは、身体が栄養素を欲している証拠でもあります。体調を回復させるためにも、栄養バランスのとれた食事をしましょう。

循環器系の副作用には動悸や息切れも

ホルモン剤の副作用は、更年期障害と重なる点が多いようです。例えば循環器系の諸症状があります。まずは血液やリンパ液の流れが悪くなるため、顔や足がむくみやすくなります。
また体内のホルモンバランスが崩れると体温調整機能が働かなくなります。するとのぼせ、汗が止まらない状況が現れます。ホルモン剤を服用した直後にのぼせるような感じがあれば、注意したいですね。
一方で動悸や息切れも心配です。不安に思うほど悪化します。しかし安静にしていれば落ち着いてきます。慌てないことが一番です。

婦人科系の副作用は腹部の違和感

ホルモン剤が直接影響しそうなのが、婦人科系の副作用です。そもそも生殖器系の病気を治す目的で服用しているケースも多いでしょう。だからこそ我慢しがちです。しかし状態が悪化するリスクもあるので、早めに医師と相談しましょう。
月経不順や不正出血も現れやすいようです。さらに下腹部の違和感、実際に子宮や卵巣に炎症が生じている可能性も否めません。痛みがあれば、こちらも検査してもらいましょう。

身体の不調は怠け癖なのか

怠け癖とも思われてしまいがちなのが、身体の不調です。検査しても原因がわからなかったり、他の理由から生じている可能性も否めないので、強く言えなくなります。
例えば頭痛や肩こりは、生活習慣も関係してきます。またなんとなくだるいこともありますね。一方で腰痛は、生殖器官の病気かもしれません。
気になるのは肌荒れが起きることです。ホルモンの乱れはお肌に直接影響します。化粧の乗りが悪かったり、ニキビが出やすいなどのトラブルがあれば、ホルモン剤を変えてみましょう。

危険な病気もあります

ホルモン剤の継続的な使用が乳がんの発症リスクを高める。そんな研究結果は多いようです。とはいえ白人系で特有の現象と考えられていました。しかし昨今は日本でも欧米型の食生活が普及しているので心配です。
また初経年齢が早い半面で妊娠回数が少ない、言い換えるならエストロゲンにさらされる期間が長くなっていることが、乳がんと関係しているとの指摘もあります。
一方で経口避妊薬を服用する女性に血栓症が稀ではないことも否めない事実のようです。特に喫煙、高齢、肥満が重なると、発症率は急増するようです。
なお因果関係は不明ですが、うつ病などの精神性疾患も気を付けたい病気です。

薬には副作用がつきものです

ホルモン剤の影響は全身に及びます。身体のどこかで異常を感じたら、ためらうことなく担当の医師と相談しましょう。病気を治すつもりなのに悪化してしまえば意味がありません。もちろん薬には副作用がつきものですが、我慢しすぎてはいけません。重篤な病気となる前に、適切な対処をしましょう。
ホルモン剤の通販・個人輸入

新着情報

◆2016/07/22
ホルモン剤によって起こり得る副作用とはの情報を更新しました。
◆2016/07/22
ホルモン剤によって起こり得る婦人科系の副作用とはの情報を更新しました。
◆2016/07/22
ホルモン剤によって起こり得る循環器系の副作用とはの情報を更新しました。
◆2016/07/20
□■企業概要■□を新規投稿しました。
◆2016/07/20
ホルモン剤によって起こり得る身体の不調とはの情報を更新しました。